Medical treatment診療内容
症状から探す医療レーザー脱毛

当クリニックでは、医療レーザー脱毛の機器としてGentleMax Proを導入しています。この機器は厚生労働省から「ロングパルス長期減毛用レーザー」として認可された機器で、脱毛用レーザーとしては非常に優れた、安全な機器です。この機器にはアレキサンドライトレーザーとNd:YAGレーザーという2つの波長のレーザーが搭載されており、患者様の肌の状態や効果などを考慮して波長を使い分けています。レーザーそのものの詳しい解説はピコ秒レーザーの項にありますので、そちらを参考にして頂けますと幸いです。

脱毛というと、エステなどでの施術を思い浮かべる方が多いのはないでしょうか。以前まではそういった風潮が強かったと思いますが、最近ではだいぶ医療レーザーによる脱毛も浸透してきている感もあります。それでも一般の方からすると医療レーザー脱毛へのハードルは高い印象があり、まだエステでの脱毛を行う方の方が多いように思います。

それではエステでの脱毛と医療レーザーによる脱毛との決定的な違いはなんでしょうか。それはやはり、効果と安全性だと思います。毛を作る器官を破壊して脱毛効果を得るレーザー脱毛は、れっきとした医療行為であり、医療機関以外などで行えば違法行為となります。そのため、エステなどではレーザー脱毛は行うことができず、光脱毛などが主流となっているため、効果も限定的となります。医療脱毛のレーザーは、メラニンに吸収されやすい波長の光を照射することで、メラニンが含まれた毛を焼き、その熱が毛乳頭部やバルジ領域と呼ばれる部位にも伝わり、毛を作る器官そのものを熱破壊し脱毛効果を得ています。毛を作る器官を破壊された毛包は永久脱毛となります。こういった機序での脱毛であるため、メラニンを含まない白髪には効果がありませんし、メラニンの含有量が少ないうぶ毛もなかなか脱毛効果を得られません。また、毛には毛周期というものがあり、成長期の毛にしか脱毛効果はありません。毛周期は成長期→退行期→休止期と進みますが、レーザー脱毛の効果があるのは成長期のみです。そのため、1回の脱毛で全ての毛にダメージを与えることは不可能で、退行期→休止期が過ぎるのを待ち、成長期になってから再度レーザー照射を行う必要があることから、照射を繰り返す必要があるのです。そして、レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果がないため、毛を抜いてしまうと効果がなくなってしまいます。ですので、レーザー脱毛の前はしばらく毛を抜くことは控えて頂きたいと思います。ただ、これはエステの光脱毛にも同様の事が言えますので、医療用脱毛だけの欠点とはなりません。そういったことから長期減毛と言われているのであり、厳密には完全な永久脱毛ということにはなりません。ただ、相当な減毛となることは確かであり、その効果は絶大ですので、ぜひ医療レーザー脱毛を実感して頂きたいと思います。実感して頂ければわかるのですが、減毛とはいうものの、ほぼ完全な永久脱毛になることがわかって頂けると思います。エステでの脱毛ではこの様な毛を作る器官の破壊ができない程度の光での脱毛になるため、脱毛効果を得るまでに回数も必要となりますし、さらに最終的に十分な脱毛効果も得られない事になります。もちろん永久脱毛にはなりませんので、定期的に施術を繰り返す必要があります。ですので、1回1回の値段は安く感じるかもしれませんが、トータルのコストを考えると医療レーザー脱毛の方が効果もコストも抑えられることがわかって頂けると思います。こういったことから、エステと医療レーザーによる脱毛では、効果に歴然とした差があることがおわかり頂けると思います。


そして次に安全性です。先ほどお話ししたように、医療レーザーによる脱毛はエステよりも圧倒的に強いパワーで脱毛を行います。そのため、当然のことながら効果と反した、望ましくない副反応も強く出やすいことは容易に想像がつくと思います。そしてそれはその通りだと思います。それでは安全性が低いではないかと思われるかもしれませんが、それは違います。なぜか。エステとは異なり、皮膚科専門医が患者様一人ひとりの肌をみて、パラメーターを設定し、レーザーの波長を選び、レーザー照射を行うため、副反応を最低限に抑えながら効果を最大にすることができるからです。また万が一、予期できない強い副反応が出てしまったとしても、それに迅速に対応することが可能であるため、その起きてしまった副反応もできる限り最小限に抑制することが可能です。エステの脱毛で副反応が起きてしまった時には、ご自身で皮膚科や形成外科といった病院への受診が必要になってしまい、対応が後手後手になってしまうことになります。責任の所在もわかりません。こういった全体的な観点から考えることで、医療レーザーによる脱毛は非常に安全性が高いと言えるのではないかと思います。また、当クリニックで導入しているGentleMax Proは、レーザーの照射直前に冷却ガスを噴射することにより、やけどを防ぐDynamic Cooling Device:DCD装置というものを装備していますし、アレキサンドライトとNd:YAGという異なる波長を使い分け、出力も医師が適切に調整しますので、重大なトラブルはごく少ないと思っています。それでも起こりうる、避けられない副反応もあり、それらに対しては適切かつ迅速に対応することで最小限に抑制するよう留意しています。

施術間隔ですが、これは毛周期が深く関わっています。先にお話ししたようにレーザー脱毛の効果があるのは成長期の毛のみです。毛周期は部位によって異なるため、施術の間隔も厳密には部位により変える必要があります。目安ですが、

顔    
成長期:1ヶ月、   
休止期・退行期:1ヶ月
わき   
成長期:3-5ヶ月、  
休止期・退行期:3-5ヶ月
上肢   
成長期:3-4ヶ月、  
休止期・退行期:4-5ヶ月
背中   
成長期:2-3ヶ月、  
休止期・退行期:2-3ヶ月
VIO   
成長期:1-2年、   
休止期・退行期:1-1年半
下肢   
成長期:4ヶ月、   
休止期・退行期:6ヶ月

と言われています。ただ、これも目安であって、人により毛周期は千差万別ですので、これに沿って行えば必ず十分な脱毛効果が得られるかというとそういうわけでもありません。一つの目安にして頂ければと思います。基本的には顔は1ヶ月毎、顔以外では2-3ヶ月毎に行っていくと効率的と言われています。十分な脱毛効果が得られるのには、人により、部位により異なりますし、回数も効果も人それぞれです。

副反応

全ての施術に言えることですが、望ましくない副反応が生じてしまうことは完全には避けられません。できる限り起こらないよう十分な注意、対策を講じて施術を行いますが、これらはある一定の確率で生じるものですので、こういったリスクをわかって頂いた上で施術を受けて頂けたらと思います。

  • 施術後の紅斑:大部分の方に起こりますので、冷却や、場合によってはステロイド軟膏の外用で経過を見れば2-3日後には軽快します。
  • やけど:効果を優先してパワーを最大限にした時や、日焼けした後の照射、色黒の方への照射などの場合に起こりえます。この場合は通常のやけどと同様に軟膏の処置などを行うことで改善します。ただ、傷跡が残るような重症なやけどを生じることは、当クリニックでは医師が診察し、各種設定、照射などを行うことから、生じることはまずあり得ないと思います。
  • 炎症後色素沈着:レーザーによる炎症を起こすことで脱毛していますので、どうしても時に生じることがあります。数ヶ月~半年とやや長期にはかかることはありますが、基本的には完全に治癒します。美白剤の外用や内服により、期間を短縮することが可能です。
  • 色素脱失:特に日焼けした直後などのレーザー照射では起こりやすいと言われています。この場合も基本的には回復することが多いと言われていますが、炎症後色素沈着に比べるとかなり時間がかかることが多いとされます。ですので、脱毛のレーザーに限ったことではないのですが、レーザー照射を行う前の日焼けは控えることが重要です。
  • 毛包炎:照射直後~翌日に起きることが多いのですが原因はわかっていません。1回目の施術では生じず、2回目以降の施術で起こることが多いと言われているため、自身の焼けた毛に対するアレルギー反応ではないかとも言われています。この場合は抗アレルギー剤の内服を行って頂きます。3回目以降の施術では事前に抗アレルギー剤の内服を行って頂くことで、予防しながら施術を継続していただけます。
  • 硬毛化:まれですが時に起こりうる最も厄介な副反応です。原因もわかっていません。強すぎる出力で照射した際に生じやすいという報告もありますが、はっきりとは証明されていません。下顎、うなじ、肩、上腕、腰、おしりなどでよく起こると言われていますので、こういった部位に照射をする際は常に硬毛化のリスクを考えておいた方がよいと思います。不運にも硬毛化を来してしまった場合には、しばらく脱毛を休止し、ある程度期間がたったところで、波長の異なるレーザーを強めに照射することで脱毛を行うことができることもあります。レーザー脱毛を継続するかどうかは十分に相談した上で決めたいと思います。
注意事項

全ての施術に言えることですが、望ましくない副反応が生じてしまうことは完全には避けられません。できる限り起こらないよう十分な注意、対策を講じて施術を行いますが、これらはある一定の確率で生じるものですので、こういったリスクをわかって頂いた上で施術を受けて頂けたらと思います。

  • 施術前、後ともに日焼けは必ず避けて下さい。SPF30以上の日焼け止めを使用するようにして下さい。できればSPF50以上が望ましいです。クリニックでしか販売できない、非常に使い心地、使い勝手のよいでドクターズコスメの日焼け止めも販売しています。伸びもよく、白浮きもせず、石けんで容易に落とせる日焼け止めですので、非常にお勧めです。
  • 痛みは人によりその感度が様々ですので、痛みが心配な方には皮膚の表面麻酔をさせて頂きます。痛みとしてはゴムではじかれたような痛みですので、麻酔はなくても十分施術可能です。表面麻酔は別途1,000円(税別)となりますが、使用量に制限がありますので、広範囲の場合、表面麻酔は難しいです。
  • 施術後はしっかりと保湿をするようにして下さい。
  • 施術前に絶対に毛を抜くことはしないで下さい。脱毛効果が得られなくなってしまいます。
  • 施術部位は、施術前日か当日に毛を剃ってきて下さい。施術当日に剃毛が必要な場合は別途、一部位につき1,000円(税別)となります。
  • 麻酔を希望される場合で、麻酔薬のアレルギーがある方は事前にお伝え下さい。
施術を受けられない可能性のある方
  • 妊娠中の方
  • 施術部位に何らかの皮膚病変がある方
  • 光線過敏のある方
  • 光線過敏を誘発する薬剤、外用薬、サプリメントを使用中の方
  • 日焼け直後の方

などがあります。こういった事項に当てはまる方、全てが施術できないわけではありませんので、詳しくは直接ご相談下さい。また、これ以外でも施術が難しい場合もありますので、問診の時点で既往歴や内服中の薬を確認させて頂き、施術可能か検討致します。