Medical treatment診療内容
機器・施術から探すボトックス・ヒアルロン酸

ボトックス

美容治療に関して興味のある方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ボトックスはボツリヌス菌が持つ神経毒により、注射部位の筋肉を麻痺させることでしわを解消します。非常に効果はあり、眉間や目尻ではとても有効です。現在日本国内でも「65歳未満の成人における眉間と目尻の表情じわ」に対してボトックスビスタという商品が厚生労働省の認可を受けています。それ以外の部位での使用に関しては、認可されてはいないものの、実際には行われることも多い施術です。ただ、意図しない表情筋が麻痺してしまい、表情がなくなってしまうなどの問題が生じることもあり注意が必要です。効果はすぐには発現せず、投与から通常2-3週間程度で最大となり、3〜4ヶ月は効果が持続し、6ヶ月以内には効果が消失します。ですので、効果を持続させるには半年以内毎の投与が必要となります。ボトックスはしわの治療以外にも脇の多汗症や花粉症の治療にも用いられます。花粉症ボトックスは、抗ヒスタミン薬や点鼻薬での治療で十分な効果を実感できない方には特にお勧めです。一度ご相談頂ければと思います。


ヒアルロン酸

しわに対する注入治療としては、現在ボトックスと並び、最もポピュラーなものになります。見た目の改善効果は非常に高く、即効性に優れており、異物を注入するということに抵抗がなく、定期的に注入を繰り返す必要があることを許容できるのであれば、非常に有効な手段となります。ただ、自身のコラーゲンやエラスチンなどの成分が増加したりしているわけではなく、あくまで注入により形を整えている、ということになりますので、真の意味での若返り、アンチエイジングとは異なるかもしれません。

最近は前述したようにヒアルロン酸などを注入することで輪郭形成を行うなど、かなり注入療法も進歩してきております。手術ではないのでダウンタイムがほぼないことから手軽ではありますが、形成外科的な手術と同様の知識や技術が必要なことから、輪郭形成に阿関しては当クリニックでは行っていません。当クリニックでのヒアルロン酸注入は小じわやほうれい線、マリオネットラインなど、部分的な治療としてのみ、場合により行います。ただ、私自身はこれらの小じわに対する治療は昨今の医療機器の進歩により、後述するレーザーやダーマペン4などにより、徐々に置き換わっていく可能性を感じています。というのも各項で詳しくは述べますが、レーザーやダーマペン4による治療というのは、コラーゲンやエラスチンを増加させたり、皮膚そのものを再構築することでしわや肌のキメなどを改善させます。つまり、真の意味での肌の若返り、アンチエイジングとなるからです。そういう意味で最初にヒアルロン酸注入は真の意味での若返りとは異なるかもしれないとお話ししたのです。ただ、表情じわや大じわなどに関してはこういった機器での治療には限界があります。そういった場合にはやはりヒアルロン酸やボトックスといった注入治療が必要になってくると思われます。

現状では上記等の理由からヒアルロン酸の注入は積極的に行っていませんが、希望があれば検討させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。ボトックスに関しては、部位は限られますが行わせて頂きます。

注意事項
  • 極細針で施術を行いますので痛みは軽度ですが、心配な方はクリームによる表面麻酔を行って施術を行うことも可能です。(麻酔代は別途必要)
  • 注射部位に内出血を生じることもありますが、1-2週間の経過で自然に軽快します。
  • 施術当日から洗顔やメイクは問題ありませんが、強く擦ったりしないように気をつけて下さい。
  • ボトックスは神経を麻痺させることで効果を発揮するため、つっぱり感や注射部位周辺の脱力感などを生じることが多々あります。あまり症状が強く、気になるようであれば医師にご相談下さい。
  • ボトックスの効果持続期間は3-4ヶ月程度、ヒアルロン酸は製剤により持続期間が異なります。いずれの製剤も効果を持続するには継続しての治療が必要となります。
施術を受けられない可能性のある方
  • ボトックスでは筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、ランバード・イートン症候群などにかかっている方。
  • いずれの製剤も妊娠している方、授乳中の方、製剤に対するアレルギーがある方

などがあります。こういった事項に当てはまる方、全てが施術できないわけではありませんので、詳しくは直接ご相談下さい。また、これ以外でも施術が難しい場合もありますので、問診の時点で既往歴や内服中の薬を確認させて頂き、施術可能か検討致します。