Medical treatment診療内容
機器・施術から探すダーマペン4

人間の皮膚は傷ができるとそれを治そうとする自己治癒力(修復力)が備わっています。ダーマペンは極細針の長さと速度をコントロールし、皮膚に肉眼では見えない程の微細な穴を無数に開けることで皮膚の創傷治癒効果(修復機能)を高め、コラーゲンやエラスチンなどの増生を促し、肌質や瘢痕を改善させていきます。これはマイクロニードリング療法と呼ばれ、ダーマペン4には33G、約0.2mmという極細の針が16本あり、その針で毎秒1,920個もの微細な穴を開けることができ、さらにその針の長さを0.1mm単位で0.2-3.0mmまで調整できます。その針の長さを調節することで、しみや肝斑、毛孔性苔癬(両腕や体のざらざら)や肌のしわやたるみ、育毛、ニキビ痕や傷痕など、あらゆる皮膚の症状の改善に用いることができる非常に汎用性の高い機器になります。また、ダーマペン4では各種様々な効能を持った薬液を同時に用いて、微細な穴から直接皮膚の中に導入することが可能ですので、その効能により様々な効果をもたらすことが可能です。

 ダーマペン4のダウンタイムに関しては、その人の皮膚の厚さによりだいぶ差があり、同じ深さで治療を行っても反応は人によりかなり差があります。ダウンタイムの長さはその反応の強さに比例しますが、大部分の方で長くて1週間程度です。ただ、その間はびまん性紅斑が残り、乾燥がかなり強くなりますので、保湿などのスキンケアが非常に重要になります。こういったダウンタイムが気になる方は、ピコ秒レーザーによるフラクショナル照射もダーマペンと同等か、それ以上の効果を発揮できることから、治療の候補になるかと思いますのでご検討いただければと思います。

 ダーマペン単体での治療は4週間毎に繰り返すことを推奨しています。1回の施術でも十分な効果を実感できることが多く、4週間毎に続けることで、その肌の状態を維持することが可能です。

 当クリニックでは様々な効能の薬液をご用意しています。


ダーマペン公認美容液

  1. HylaActive
    全ての皮膚タイプおよび症状を対象とした美容液で、ヒアルロン酸、亜鉛などを含みます。ヒアルロン酸は皮膚の保護バリアに関わる天然保湿因子の最大13%を占める成分で、保湿効果に優れています。亜鉛は強力な抗炎症作用を持ち、コラーゲンやエラスチンの合成においても最も重要な働きをしている創傷治癒を促進する元素です。施術前後に使用することで、皮膚の深くまで水分を補給し、健やかな皮膚へと導きます。ホームケアとして使用することでさらにみずみずしい、健やかな皮膚を維持することが可能となります。
  2. Antioxidant Cocktail
    紫外線などの外的要因による皮膚老化などに対して非常に効果の高い修正美容液です。ビタミンCやルイボスエキス、アロエベラなどの強力な抗酸化物質を主成分に含み、皮膚老化による変化を回復させ、皮膚の色調やキメの修正による皮膚の若返り、またニキビ予防にも効果を発揮します。基本的に施術直後に用います。ホームケアとして、Vitamin Rich Repairと併用することで皮膚老化や日焼け後のダメージを最小限にとどめることができます。ですので、強く日焼けをしてしまった時だけ、Vitamin Rich Repairと一緒に使用するという使い方も一つの方法です。
  3. Brite Lite
    様々な成分を含み多彩な修正機能のある美容液です。将来のシミを防ぎ、肌を明るく均一なつやのある肌に保ちます。メラニン生成に関わる酵素であるチロシナーゼの阻害剤であるカンゾウ根やコウジ酸、ビタミンCを主成分に持ち、メラニンの生成を抑制することでシミやそばかすを防ぎます。それ以外にも様々な美白成分を含んでおり、使用を継続することで、生じてしまったシミやそばかすの改善、将来の生成を防ぐことができます。施術の2週間前から使用し、施術直後には使用せず、施術の3-4日後から再開することが推奨されています。つまり美白ケアとしてはホームケアとしての使用も推奨されています。
  4. Vitamin Rich Repair
    非常に多くの成分を含み、全ての皮膚タイプに使用可能な修正および保湿美容液です。パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールが主成分として含まれており、コラーゲンの産生を促し、張りのあるきめ細かな皮膚に誘導します。ただ、通常レチノールはかぶれを高率に起こしますが、これらのレチノール前駆体は酵素により緩やかにレチノールに変換されるため、そういった有害事象が起こりにくいとされています。また、パルミチン酸レチノールは抗酸化作用の他に光保護作用もあるため、紫外線による影響も軽減してくれます。施術直後に使用しますが、施術の10〜14日ほど前から使用しておくことが推奨されています。Hyla Activeと一緒にホームケアとして使用することで、さらに効果は高まります。
  5. Retinal Active
    ビタミンA(レチンアルデヒド)を高濃度で含有し、日光や加齢による肌ダメージのケアの他、肌の衰えを目立ちにくくする働きがあります。有効成分であるレチンアルデヒドはレチノイン酸よりも刺激性が弱く、敏感肌の方にも使用して頂けます。肌をなめらかにする、引き上げる、皮膚を再生する、透明感を出す等、非常に幅広い効果を期待できます。ホームケア(ナイトクリーム)として使用することも可能です。
  6. CLR Lotion
    ニキビや毛穴のつまりなどの原因となる皮脂分泌を抑制し、肌トラブルを改善します。炎症を伴ったニキビやその色素沈着にも効果があり、ウーバーピールと併せて使用することで、ニキビにも非常に高い効果を期待できます。ホームケアとしての使用も可能です。
    これらの美容液は全てホームケアでも用いることができ、日頃から使用することで上記のような様々な効果を出すことが可能です。購入をご希望の方はご相談下さい。









マスク・コレクション

注意事項
  • 施術12時間後までお化粧は避けて下さい。洗顔は可能ですが、強く擦ったりしないようにして下さい。
  • 施術後の日焼けは必ず避けて下さい。SPF30以上の日焼け止めを使用するようにして下さい。施術当日の市販の日焼け止めの使用はできません。できればSPF50以上が望ましいです。クリニックでしか販売できない、非常に使い心地、使い勝手がよく、各種美容施術後にも使用できるドクターズコスメの日焼け止めを販売しています。伸びもよく、白浮きもせず、石けんで容易に落とせる日焼け止めですので、非常にお勧めです。同様の施術後にも使用できるBBクリームもありますのでご相談下さい。
  • 皮膚の表面麻酔は行わなくても施術可能ですが、希望により行いますのでご相談下さい(別途、要表面麻酔代)。施術の方法によっては必要になります。チクチクとした痛みがあります。
  • 治療後に赤み、内出血、腫れやヒリつきが生じることがありますが、たいていの場合数日で消失します。長くても1週間程度で消失します。
  • ピーリング作用のあるものやアルコールの入ったスキンケア用品は使用を控えて下さい。ハイドロキノンやレチノール製品はダウンタイムが落ち着いてから再開して下さい。通常は数日後からの再開が可能です。
  • 施術後はしっかりと保湿をするようにして下さい。可能であればダーマペン公認美容液であるHyla Activeをしばらく継続して頂くのが最も望ましいと思います。
  • 麻酔を使用する場合で、麻酔薬のアレルギーがある方は事前にお伝え下さい。
施術を受けられない可能性のある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方・授乳中の方
  • 金属アレルギーのある方
  • 施術部位に何らかの皮膚疾患のある方
  • 強皮症の方
  • 膠原病やその他の疾患でステロイドや免疫抑制剤を内服中の方
  • コントロール不良の糖尿病のある方
  • ケロイド体質の方
  • 出血性疾患のある方、抗凝固薬を内服中の方

などがあります。こういった事項に当てはまる方、全てが施術できないわけではありませんので、詳しくは直接ご相談下さい。また、これ以外でも施術が難しい場合もありますので、問診の時点で既往歴や内服中の薬を確認させて頂き、施術可能か検討致します。